仮想通貨ドットコム

仮想通貨に税金がかからない裏技

仮想通貨で利益を出したら基本的には税金がかかりますが、うまく調節をすることで節税ができます。

仮想通貨にかかる税金とは?

見出し1
仮想通貨で利益を出したら、雑所得がかかるようです。譲渡所得になるという意見と雑所得になるという意見の両方がありますが、国税庁の見解では後者となるようです。20万円ルールがあるので、サラリーマンの人は年間利益が20万円以下なら確定申告が不要になります。専業主婦の人など、他に収入がない人は38万円の基礎控除の範囲内なら税金はかかりません。バレないと考えて確定申告をしないことはおすすめできません。延滞税も含めて後で請求されるどころか、脱税で捕まる可能性すらあります。

タイミングを考えることで節税対策が可能

見出し2
サラリーマンやOLのケースで考えてみます。年間の所得が20万円までならば税金はかかりませんので、20万円のラインが重要になります。仮想通貨のトレードは取引所で行いますが、日本円に換金しなければまだ利益は確定していません。すなわち、年間の利益が20万円を超えそうだったら、換金をせずに仮想通貨のまま持っておけばよいのです。仮想通貨のまま保有を続けて利確をしなければ、売却益はまだ確定していないからです。

具体例で計算をしてみる

見出し3
わかりやすくするために、具体例をあげて計算してみます。ビットコインの価値が30万円のときに、日本円で100万円のビットコインを購入したとします。年末の時点でビットコインの価値が30%上昇し、39万円になっていたとします。取引所によって異なる手数料がかかりますが、ここでは手数料については考えません。100万円が130万円になっているので、30万円の利益です。このとき、保有ビットコインのうち3分の2だけを日本円に換金すれば、利益が確定したのは20万円だけなので、確定申告は不要となります。

かかった経費についても計算する

見出し4
この例では、実は3分の2以上のビットコインを日本円に換金しても、所得税・住民税がかからない可能性があります。なぜなら、かかった経費については利益から差し引くことができるからです。パソコンの購入費、電気代、セミナーの参加費、交通費などがトータルで5万円かかったのならば、トレードで25万円の利益を出していたとしても経費を差し引いて利益は20万円となります。
パソコンの購入費や電気代は全額を計上することはできません。疑問点があれば税務署に質問をしてみましょう。