仮想通貨ドットコム

他の金融投資と比較した仮想通貨のリスク

他の投資と比べて危険が大きいことは理解しておきたいポイントです。

投資全体での危険をまずは把握

見出し1
仮想通貨も含めた金融投資には、それなりのリスクがつきものであるということはまず意識しておきたいポイントです。どうしてもリターンを求めれば、それだけ危険性も高くなります。つぎ込んだ分をすべて失ってしまうことも珍しくありません。生活にかかるすべてのお金をつぎ込んでしまうということになると、うまくいかない時に金銭的に困窮することになります。こういったことを考えて、生活費や必要なお金は貯金などで確保し、余裕の資金で運用を行うということは鉄則といえるでしょう。

インターネット経由であるということの危険性

見出し2
債券や株式といったものであれば、インターネットの取引もありますが、証券会社などが間に入っていることが多く、問い合わせなどもしやすくなりますし保証が受けられることもあります。しかし、仮想通貨はインターネットで運用管理されていることがほとんどで、問い合わせ先なども明確でないことが多いです。セキュリティ面でも不安が生じますし、場合によってはそのシステム自体が詐欺であったりという可能性もあります。確かなものなのか、安全かということをより厳しく見ていかなければならないでしょう。

取扱いのミスで大損することも

見出し3
大きな手続きが必要なく、多くの国で使えるということにメリットを感じる方もいるでしょう。しかし、それ故に取扱いには細心の注意が必要になります。パスワードを忘れて使えなくなったり、パスワードの漏洩ですべてを失ってしまうという問題が生じることもあります。ウイルス感染したパソコンなどからパスワードが盗まれてしまうこともあります。仮想通貨を利用するのであれば、これまでより高度なセキュリティ管理が必要となっていくでしょう。

規制や制度の変化に注意

見出し4
仮想通貨は、通常の通貨と比較すると、国などの保障がない単なる情報であるという位置づけになります。通常の通貨であれば多少価値の増減はありますが、持っていればなくなるということは少ないでしょう。しかし、仮想通貨は取引所などが急に無くなったり、国などの規制がかかったりするとなくなってしまう可能性もあるのです。現在は特に日本で規制がなくても、今後法律が変わる可能性もあると考えに入れながら、利用するかどうかを決めていきましょう。